English/Japanese

Home


Menu
「富岳」航空機プロジェクト


Density gradient
Jet fluid (passive scalar)
LES of jet mixing
in supersonic crossflows
Kawai & Lele, AIAA J. 2010


次世代航空機研究センター



高レイノルズ数空力研究会


河合・玉置研究室 / 久谷研究室にようこそ

2015年にスタートした比較的新しい研究室です.2019年より東北大学大学院工学研究科・航空宇宙工学専攻・航空システム講座・空力設計学分野を担当しています.
 河合研では,現状の航空機開発における航空機実機フライト試験への依存度を激減させ,航空機開発にデジタルイノベーションを起こすことを目指して,複雑な流体・空力現象を予測評価可能とする次世代の高忠実・数値流体シミュレーション研究を行っています.研究対象は,航空機に関わる流体・空力現象のみならず,様々な流体力学現象(特に圧縮性流体力学現象)や計算物理学,データ科学・機械学習に関わる幅広い研究分野を興味の対象とし,理化学研究所の「富岳」を初めとする最先端のスパコンを駆使して,質と独創性で世界で勝負できるアカデミックな研究を目指しています.より詳細な研究内容については研究内容のページをご覧ください.
 また我々の研究グループは文部科学省・「富岳」成果創出加速プログラム「航空機フライト試験を代替する近未来型設計技術の先導的実証研究」の実施機関(課題責任者:河合宗司)としても活動しています.本プログラムでは,高忠実・数値流体シミュレーション技術とスーパーコンピュータ「富岳」を用いて,世界初となる航空機全機周り・実フライト条件での高忠実LES解析による空力現象予測評価の実現を先導的に実証していく研究を進めています.またSpaceJetを開発している三菱重工グループと共同で,我々の高忠実LES解析技術で実機フライト試験を代替する次世代の航空機設計開発プロセスへの展開を図っていきます.

河合研究室における航空機開発にデジタル革新を起こす次世代の高忠実・数値流体シミュレーション研究
研究室のセミナー情報はこちら Seminar

What's New

2022.05.02
NEW
「富岳」を使った航空機全機LES解析に関して取材協力した内容がNHK WORLD-JAPAN Direct Talk「A Supercomputer for Everyone」にて2022年5月2日に放送されました.
2022.04.12
NEW
淺田特任助教が文部科学省・「富岳」成果創出加速プログラム研究交流会において次世代研究者賞を受賞しました!「題目:高忠実LESを実現する圧縮性流体解析手法 ー航空機離着陸形態まわりLESー」おめでとうございます!
2022.04.01
NEW
新しく研究室スタッフとして久谷准教授が,また新しく6名の大学院生が研究室メンバーに加わり,2022年度体勢がスタートしました!
2022.03.25
岩谷さん,藤原さん,丸山さん(修士学生),前島さん(学部学生)が第35回数値流体力学シンポジウムにて若手優秀講演表彰を受賞しました!おめでとうございます!
2022.03.25
学士課程を修了した前島さん(学部学生)が日本機械学会「畠山賞」を受賞しました!おめでとうございます!
2022.03.25
機械系学位記伝達式が中止になったので研究室で学位記伝達式を行いました.修士課程を1名が修了し,学士課程の修了者3名は修士課程に進学しました.おめでとうございます!
2022.03.04
文部科学省・スーパーコンピュータ「富岳」成果創出加速プログラムの一般向け公開シンポジウム(2022年3月29日)および研究者向け研究交流会(2022年3月14,15日)が開催されます.河合教授が,公開シンポジウムのセッション4:ものづくり,および研究交流会の分野別セッション3(ものづくり)にて講演します.
2022.02.25
取材協力した内容がBS朝日の「宇賀なつみのそこ教えて!:聞いてナッ得!(すごいぞ! スーパーコンピュータ「富岳」)」にて2022年2月25日に放送されました.
2022.02.15
第1回「富岳」航空機プロジェクトシンポジウムを2022年3月23日にオンラインにて開催します.
2022.02.14
3月4日開催の第5回CAEワークショップにて,河合教授が「「安定性」と「非散逸性」を同時に満たす次世代の圧縮性流体ソルバーと航空機全機LES解析」について講演します.
2022.01.28
河合教授がSpringer社のJournal誌 Theoretical and Computational Fluid DynamicsのAssociate Editorに就任しました.
2022.01.15
The 4th R-CCS International Symposiumの招待講演にて,河合教授が「富岳」航空機プロジェクトの最新の研究成果「Fully-automated high-fidelity scale-resolving simulation around full aircraft configurations」を発表します.
2022.01.14
淺田特任助教,他が第35回数値流体力学シンポジウムにてベストCFDグラフィックス・アワード (第1位)を受賞しました!研究室紹介(YouTube)にも受賞作品「航空機フライト試験の代替に向けて ~高忠実LESによる航空機全機解析~」を掲載しています.
過去のNews